何か伝えたいけど、言葉じゃ足りなくて。

ほるんです。山田担です。にゅすさんとぶいさんも好きです、でもじゃんぷちゃんがもーっとすきです。

孤独の先に何が見えるのか。

 

中島裕翔、祝24歳!!

 

裕翔には、大きくなったねと成長した姿を見るたび言いたくなります。本当に身も心も大きくなった…

 

 

10周年のアルバムが出てすぐだからついつい振り返りたいスイッチが入ってるっていうのもあるけど、昔はわりと苦手だったのに今は本当に好きだなあと心底思います。(笑)

 

特に彼が他のメンバーと少なからず壁を感じていた頃の裕翔は見ていて苦しかった。

なんで裕翔のそのボケみんな拾わないの?って疑問に思うこともしばしば…まあ今思うと裕翔のボケが多すぎるのと細かすぎるのもあったのかもしれないけど(笑)

だけど、裕翔が変わって、そしたらメンバーの受け入れ方も変わって…個人的に凄くお互いの関係性が修復しているなと思ったのが愛ハピで、そのメイキングを観たのがけっこうきっかけでここまでのJUMPオタクになったところあるから成長した裕翔にはわりと感謝してるんだ、ありがとう。(笑)

 

そして、裕翔といえば俳優、っていう武器が出来たのもとても嬉しい。

小さい頃から演技経験は積んできていたけど、それが世間的に定評を得られるようになったこと、素晴らしい。

その評価が本人の自信の糧になって、より一層輝きを増してるんじゃないかなと思うから、尚嬉しいです。

これからも、一般ドラマ視聴者の目を惹く裕翔くんであってほしいし、もちろん担当の子たちを喜ばせてあげられるスーパーファンサマシーンでもあってほしい。何でも出来る器用な裕翔だからこそ、その両方どちらもをよろしくお願いします。(笑)

 

 

今回記事のタイトルにしてる「孤独の先に何が見えるのか」(OVER THE TOPより) って歌詞は、聴いた時本当に裕翔に歌ってほしい歌詞だと思って…だってきっと、裕翔は孤独の先に何かが見えた人だから。

 

何となく今まで生きてきて個人的に思ってるのが、本当のひとりぼっちより辛いのって、大人数いる中で自分がひとりになっちゃうことだってことで。

メンバー9人いる中で寂しい思いをしたっていうのは、きっと物凄く辛いことなんだろうなって思うわけです。だけど裕翔はそれを乗り越えて、今メンバーの中心でみんなを笑わせていて…それって本当に凄いなって、よく根っこが腐らないでいてくれたなって一ファンながら思う。

 

そんな彼が、I/Oでは「人は誰も ひとりでは 生きていけない」と歌う世界。

「この10年で変わった人は?」っていう質問がananか何かであったけど、もし私がメンバーなら、裕翔を選ぶかなってくらい、彼は成長したなと傍から見ていて思います。

 

 

あと物凄く個人的なことを2つほど言わせてもらうと、ひとつは、私と相方がかつてJUMPに染めてしまった幼馴染は裕翔担だったんだけど、その子と小さい頃の裕翔は純粋無垢さとか雰囲気とかが本当に裕翔にそっくりで、無邪気な裕翔を観るとなんかいろんな意味でその子を思い出せるからなんかありがとうってこと。(笑)

凄く久々にこの前会えて初めてお酒も一緒に飲んだんだけど、少し社会には揉まれつつも今も変わらず裕翔みたいな無邪気さを保っていた、彼女は><だからその子と会った時は自然と裕翔が思い出された(笑)

 

そしてもうひとつは、けーぽとか色んなモノにアンテナを張っているリア友の彼女をなんだかんだジャニーズに留めているのは裕翔だと思うから、それもありがとう(笑)

もちろん他にも裕翔にはたくさん感謝してるけど、ちょっと苦手な時期があったのごめんなっていうのと、山田くんが好きでたまらなすぎてちょっと敵対視してた時期(旧7〜デビュー直後くらい)があってごめんなってことも10周年を機に伝えておきたいと思います。(笑)

 

そしてとにかく言えるのは、純粋に裕翔のことを好きだと言える今が、とても幸せだということ。

好きでいさせてくれてありがとう、裕翔(^^)

 

 

そんな裕翔にとって、最高の一年になりますように!

そう祈ってます٩( ᐛ )و

 

 

謎めいた、未開拓なstory。

 

伊野尾くん、祝27歳!

 

おめでとう٩( ᐛ )و

 

 

あの細っこい身体でグループのレギュラー2本、週2で2時間越えのレギュラー番組、生ラジオ1本、準レギュラー1本、その他テレビに映画に諸々とか大丈夫かしら?と思っていたのも束の間、すっかり板についてどのお仕事も頑張っているようで、何よりです( ˘ω˘ )

 

注目されることで、本人が思ってもみなかった弊害だったりつらいことが出てきてしまうこともあるだろうけど、それでも今ちゃんと楽しそうにしているから、やっぱり伊野尾くんにはいつまでもそうあってほしいと思うし、我が道を行ってほしいなとすごく思います。

 

ピーチガールも、想像よりずっと楽しかった!(笑)

自分がもう女子高生じゃないっていうのもあるかもしれないけど、純粋に話も楽しめたし、何よりカイリくんが伊野尾くんにとてもハマリ役だった。

相手が思いもしない優しさを、本人にとっては当然なくらい自然に発揮してくれるカイリくんは、伊野尾くん自身気づいてないかもしれないけどらじらーやメンバーとの掛け合いのときはしばしに感じる本人の優しさと通じるものがある。

見かけや表面的な性格のために誤解されやすいところもね(笑)ほんとはカイリくんも伊野尾くんも素朴な優しい心の持ち主だと私は思っています( ^ω^ )

 

 

それと私が最近の伊野尾くんの中で一番お気に入りだったのは、しゃべくりの伊野尾くん!

あれはほんとに好き(笑)

みんなの持ってるパブリックイメージが、いかに皆の期待に応えたい本人の気持ちによって保たれてるものなのかわかっていただける映像だと個人的には思ってます(笑)

本人、自分が可愛いって言われるのも不思議なくらいだし、きのこ星も俺の一番嫌いなやつだし(笑)、普通の男の子なんだよなあ…でも周りからはそれを期待されるからがんばるんだよね、健気だよな><

皆がその事実に気づいてくれることを祈って、これからもこの素朴で皆の期待を一身に背負っている彼布教活動を続けていきたいと思います。(笑)

 

 

あともうひとつは、やっぱりアイドルをやりながら大学を4年で卒業した彼は今年大学4年の私にとってとても尊敬できる人だということ。

彼は理系で私は文系だから違うところはたくさんあるけど、それでもお仕事しながら単位もとって卒論も書いてってやることがいかに大変なことか、自分も似た立場になって尚更わかった。

その努力があったから、建築・大学卒という肩書きと実力としてそれがお仕事に繋がることもあって、ますます開花しているのだと思うし、努力が報われるとはこのことなのかと思い知らされます。

 

ダジャレ隊として「いーのおっけー♪」って言ってたような時から存在は知っていたし可愛くて面白い人だとは思っていたけど、まさかまだこんなにも飛び道具を隠し持っていたのは(笑)

今はまだ伊野尾革命という一時のブームとしか世間も本人も捉えられていないかもしれないけど、これが何年も何十年も細く長く続いていってくれたら、伊野尾くんのためにもJUMPのためにもなると思います。

がんばってとしか言えないけど、がんばってください。応援してるよ(^^)

 

では、伊野尾くんにとって素敵な一年となりますように!

 

変わらぬものが、ずっとここにあるから。

 

山田くん、24歳のお誕生日おめでとうございます!

 

 

大切な自担さまの誕生日。

 

毎年、この日は自分の誕生日より楽しみで、どきどきそわそわします。(笑)

 

本人も少し前から言ってるけど、最近はすっかりナチュラルな背負いすぎてない姿でバラエティもライブのMCも挑んでいて、ちょっと安心しています。

個人的に最近数年前の映像を見ることが多くて、改めて見ると、いっぱい話さなきゃ、愛想振りまかなきゃって頑張りが見えてきて(笑)

まあ、その山田くんも嘘ではないんだけど、やっぱり肩の力を抜いた楽しそうな彼が一番好きなので、今までも好きだったけど今が一番好きだなってすごく思います。

 

(ちなみに、そんな普段はナチュラルかましてるけどステージ立ってる時は王子様であり続けたいってカッコつけ続けてるやまちゃんも大好きだぞ♡)

 

前はグループの中でも自分が崩れちゃいけない、外に出てもしっかりしなきゃいけないと子供ながらに防御体制もがっちりきめててって感じがしたんだよね。そこが、24にもなるといつの間にか大人になってて(笑)、JUMPメンバーひとりひとりが独り立ちしてきてるのもあり、JUMPのためだけじゃなく自分のために自分を磨いている気がして、よかった〜、と一ファンながら思ったりしています。

 

歌とか特に、成長を感じます。

正直初めて「銀の世界に願いを込めて」を聴いたときはほんとに頑張れと思ったけど(私はこの当時の彼のビブラートを「ビブラートの赤ちゃん」と呼んでいる)、それから重ねること約5年、人ってこの短期間でこんなに上手になるんだなって思うくらい毎年生で聴く度に上手になっていて、つくづく彼の努力の積み重ね、成果を感じます。

歌うパートも多くて自分の声がJUMPのクオリティにも繋がると思っての、絶対エースとしての責任感が少しはあるのかもしれないとは思いつつ、そうであってももちろん素敵だし、カラオケでマイク離さないタイプの彼としては、好きこそ物の上手なれなのかなとも思ったりね(^^)

 

でもカラコンだけは似合うとか似合わない関係なくお目目のためにも程々にしなさいねって思ってます(笑)

ぬ〜べ〜のとき役作りでカラコン入れて目真っ赤になったって言ってたのにさ…カラコン入れなくても充分美しい瞳なんだからほんと目の異常を感じたらすぐにやめるんだよ(´-ω-`)←過保護

 

目のこともだけど、最近ずっと腰とか不調が続いてるみたいで、そこがとにかく心配。

小さい頃からびっくりするくらいずっとお仕事がコンスタントに(重なるときはほんとやばいくらいに)あり続けて、それだけで尊敬だけど、身体は資本なので、芸能界・俳優界の宝である山田涼介がこれからも長く活動できるよう、業界総出で守り抜いてほしいわけです、こちらとしては( ˘ω˘ )

少しは休んでいいんだよ?と言いたくなるけど、彼としてはそういうことじゃないのかもしれないしと思ったり。

 

 

彼を好きになったのは、2006年の7月。

それから11年間、一度も嫌いになったことがないです。

気がついたら自分の人生の半分、ずっと大好きで、その大好きが両腕があっても足りないくらい大きくなった時、担当として応援するようになって。

こんなに幸せにしてくれる人は他にいないし、彼が夢や目標を追い続ける限り、私もずっとその背中を追いながら一緒に夢を見させてもらえるんだなと、こんな嬉しいことはないなあと日々感じながら見守っています。

 

 

10歳になったJUMPを、今まで引っ張ってきたのは間違いなく山田くんだと思うし、ひとりひとりが自分の個性や武器を持ち始めた今もそれでも先頭に立って、若手ジャニーズグループを引っ張る勢いで前に進み続けているのは彼だと思う。

その自覚はきっと十二分にあって、だからこそみんながついてきてると思うし、私も一生ついていくと心に誓える。

彼の存在自体を誇りに思っているので、これからも変わらず、気取らず、やまちゃんらしく、活動していってください(^^)

やまちゃんの進む道が、正しい道だと心の底から信じています。

 

あ、あと山田担の大半からは不評なやまちゃんの前髪あげ(又の名をディカプリオヘア)、映像に残してくれたジェイストさんに大感謝したくらい私は大好きだからこれからも時々でもいいからしてね!待ってる!(笑)

 

もうね、綺麗にまとめようと思ったけど想いは止まらない!好き!好き!だーいすき!!!(笑)

 ほんと好きなんだよ〜〜〜(泣)ほんと幸せになってほしいし、そんな彼を見てれば私も幸せになれる自信ある!

 

気を取り直して(笑)、最後に。

 

山田涼介にとって最高に素敵な1年となりますよう、願ってます٩( ᐛ )و

 

 

どれだけ時が経っていたって。

有岡くん、26歳の誕生日おめでとう!!

 

信じられないね、26歳だって。

未だに小学生っていじられて違和感ないのすごいです。(笑)

 

ただ、大ちゃんがただのお子様ランチだったら、こんなに世の女の子をトリコにしてないと思うんだよね…見た目がこんなに幼くて普段はみんなに可愛い可愛い言われてるのに、ひとたびステージに立てばグループ1・2位を争うダンスの実力、1音目から最後の語尾までどきっとするミルキーヴォイス、とにかくフォトジェニック。普段はぽんこつ食レポが定番になりつつあるのに、ひとたび口説かせれば模範以上のクオリティで口説き倒す(口説いたのはシャワーヘッドなのにどうして私たちが口説かれなきゃなんないんだ、ずるい)。

あと、これでいて別事務所の子役時代も含めるとだいぶ芸歴長いところとか、実は色んな有名なドラマ、PV出てるってところもわりと好きよ。私たちの世代でいったらドンピシャなガオレンジャーでも重要な役担ってるらしいし(これは見てたはずだが全く覚えてないから近々チェックするつもり)。その経験がちょくちょく演技のお仕事来てる時に発揮されてるっていうのが、山田くんや裕翔っていう役者として注目されてるメンバーに囲まれてるせいかあまり取り上げられることはないけど、いつでも安定してて時にどきっとするような演技をする役者としての有岡くんも私は好きです。

 

おそらくこの衝撃のギャップが存在することを「だいちゃん」を知ってる世の中の人はほとんど知らなくて、だからこそ小学生ネタが通用するのであって。

この魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと思う反面、でも今みたいにファンの子が密かに知ってて密かに楽しんでるのでもいいのかなとも思ったりして。

知る人ぞ知る、みたいなのが有岡くんの魅力を最大限に発揮させてるようにも思えるんでね( ˘ω˘ )←

 

とはいえ演技の面に関しては、映画の公開が決まってたりしてるのでね、もっと彼の役者としての実力が広まって、もっともっと演技してる大ちゃんを見せてくれたらと思います!!

有岡くんって、バラエティ要員に思われてるかもしれないけど実は演技もできるんだよって世間の皆様に声を大にして言いたい。(笑) 

 

といった感じで、花が開き始めて少しずつ開拓してきてるバラエティに奮闘する「大ちゃん」と、足場はしっかりしてるからあとは注目されるのを待つのみの役者としての「有岡大貴」、そしてメンバー・有岡担・JUMP担みんなが愛するギャップがにくい爆モテな有岡くんと、どれもみんな必要とされてる大ちゃんの大切な要素だと思うので、全て伸ばしていってほしいなと思います( ˘ω˘ )

 

そして何より、大ちゃんにとって素敵な一年になりますように!

 

不可能って言葉はいらないぜ。

岡本圭人、祝24歳!!

おめでと〜〜٩( ᐛ )و

 

最近の圭人といえば、リトラで恒例となってたギターの弾き語りだよね(笑)

それが例にある通り、圭人は最近本当に自分から目立とうと頑張ってると思う!

 

前はけっこうグループで出てもダンスに必死だったりトーク中静かだったり、もっと自分を主張してけばいいのにって優しい性格なだけに心配になることもあったけど、今は「カメラに抜かれたい!」って気持ちを前面に出してるから少し安心してます( ˘ω˘ )

 

いつかのけとぺで、たくさんの文章で、優しい言葉で決意表明してくれた圭人。

そんな圭人をこれからもずっと応援したいと心から思ったし、その気持ちと努力が誰かの目に止まって、報われてほしいって思う。

私にとって、圭人は今最も報われてほしい人のひとり。

伊野尾くんも長すぎるくらいの時を経て努力が報われた。次は圭人が報われる番!私はそう思ってるよ、きっとJUMPのファンはみんな思ってる。

 

ファンに、そしてなによりJUMPのメンバーに愛されてる人だから!

今年も少しずつお仕事増えていくといいな(^^)

 

圭人にとって、最高の一年になりますように!応援しています。

 

心にかけたカギ、解き放て。

高木くん、27歳の誕生日おめでとう〜〜!!

 

 やまちゃんからいたじゃんで最も頑張ったで賞ももらったくらい、ワイルドキャラからすっかりリアクション枠にキャラ変して。(笑)

 

というより、やっと雄也の本来の可愛さをテレビでも披露できるようになってきたという感じかな?

あの知念くんが幼い頃から言ってたくらい、雄也は可愛い人だからね、ようやくそれがパブリッシュイメージになりつつあって嬉しい限りです。(笑)

 

 

もっともっとお仕事ほしいね!

個人としてももっと輝ける人だと思うから、演技のお仕事とか、バラエティとか、もしくは何かまだジャニーズの皆さん手を出していないところを新規開拓するとか…

個人的には雄也の声が好きで、べいじゃんの髙木先輩とかも好きなので、声優のお仕事とかあったらいいのになと思う次第です( ˘ω˘ )

 

ということで、心にかけたカギを解き放った結果、見事オネェキャラと必殺技「降参!」を手に入れた髙木雄也にどうぞお仕事じゃんじゃんください。(笑)

 

そして何より、髙木くんにとって素敵な一年になりますように!

 

 

 

光があるから、信じて生きる。

 

 

今年もHey!Say!JUMPメンバーをブログにてお祝いしていきます〜!

 

本日1月31日は、JUMPの最年長、薮宏太の誕生日

おめでとうございます〜( ^ω^ )

 

薮くんの誕生日に「今年こそ彼にラジオ番組をください」と関係者各位にお願いするのも、今年で3年目ですね。(笑)制度が変わって、うるじゃんに出るようになったはなったけど、そろそろラジオ冠番組持たないですかね?あの語彙力、コンサートのMCだけに留まらせるのはもったいないと思うんですよね…関係者各位、今年こそどうかよろしくお願いしますね。(笑)

 

 

そして彼といえば、先日10年の時を経てYa-Ya-yahを復活させてくれました。

 

ジャニーズ事務所に入って、Jr.時代のほとんどをYa-Ya-yahとして過ごしてきた彼は、Hey!Say!JUMPとして指名されたその時から、ただ前だけを見て、最年長として責任感を持ってグループを引っ張ってきたんだと思う。

同じ立場にあった光は、Myojoの10000字インタビューを見た感じでも、この前のジャニアイの後語っていた感じでも、Yaのこと、Jr.時代のこと、振り返る瞬間がけっこうあったんだろうなって思ったけど、薮ちゃんに関しては、光のことをJr.時代からの大事なシンメと振り返ることはあっても、Ya自体のことで深く振り返ることってあえてしてこなかったのかなって思う。それがJUMP担であってもかつてYaが好きだった私としては少し寂しい部分でもあった。

 

今回もきっと、光が言い出さなければ、彼はYa-Ya-yahという肩書きを背負ってステージに立とうとは思わなかったと思う。

それがきっとポリシーであり、彼の良いところでもある。

それでも今回、シンメの光が提案したことをきちんと受け止めて実行してくれた彼に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

彼なくしては、Ya-Ya-yahYa-Ya-yahじゃないので。本当に。

 

10周年の記念に、Yaとしてじゃなくてもいい、やぶひかとしてでもいいから、今度は生で、彼らがYaの曲を歌う姿を見たいなと、心から思います。

 

 

さて、今回も彼らの誕生日のブログ記事名は彼らが制作に関わった曲の歌詞、もしくはソロパートからつけようと思っているのですが、今年の薮くんはこの曲のこの歌詞がぴったりだなと思い、これにしました。

 

未来へ / 薮宏太

作詞:薮宏太

 

未来には何があるか分からないけどきっと

光があるから 信じて生きる

 

最後のサビの、最後のフレーズの歌詞です。

サビに当時のYaメンバーの名前の文字が隠れている、歌詞もメロディも非常に美しい良曲な彼のソロ曲なのですが、偶然にも今でも同じメンバーである「光」の文字が特に随所に出ててくる。

その中でも、この歌詞は、少し前改めて聴き直した時に、今の彼らにぴったりだと思わず震えた歌詞。

 

Yaを復活させてくれた今年は、この歌詞で彼をお祝いしたいと思います。

 

 

 

というわけで、27歳の薮ちゃんも、多彩な語彙力を活かし、伸びやかな歌声を活かし、サッカーの知識を活かし、お仕事にプライベートに充実した1年をお過ごしくださいませ(=゚ω゚)ノ

 

応援しています。